消費者金融から脅される滞納者


借金を滞納するとこわ~い事が?!
返さないといけないというプレッシャーが精神的にも辛いことに・・・
このサイトではあらゆる金融業者から借金をした人をクローズアップして声を集めてみました。
借金を抱えている人、これから借金をしようとしている人に適切なアドバイスを贈ります。
男性 40代
600万円
職業者はエンジニアです。
独身で両親と同居しています。
当時自営だったので収入不安定でした。
夜間はアルバイトをしていました。

巨大な借金

消費者金融で300万以上、銀行ローン50万程度、個人金融200万の借入れをしていました。

必要な資金

事業資金と交遊費で借金しました。

返済が追いつかない

自転車操業状態になり返済が追いつかなくなりました。
仕事が当時不安定で、収入が得られない月もあったのが返済が遅れた原因です。

強い返済要求

借金が返済できないと、業者からの対応はきびしく、冷ややかで脅しもありました。
家や職場に電話してきて、今日中に入金してくださいなどと言われました。
数日遅れると、家や職場に訪問してきて、返済を要求されました。
返済の遅れがひどいと、家の玄関や窓に、借金するな!金返せ!などの張り紙をされまし

なんとか工面する日々

なんとか待ってもらうように頼んで、利息だけ返済しました。
友人、知人、などに頼んで少し工面してもらったりしました。
どうしても返済が必要な時は、家電、パソコン、楽器、車などを売ったりして工面し借金返済に充てました。

銀行の制度にも問題がある

やはり借金はするものでないと思いました。
借金するのなら確実な返済計画が必要だと思います。
また、消費者金融では絶対に借りてはいけないと思います。
当時は利息も高く、返済が大変でした。
収入以上に借金してはいけないし、事業資金には借金をすることは絶対にダメという事を思いました。
家族や友人、職場などにも迷惑をかけてしまい、人間関係もダメになるのが借金破綻だと思います。
借金の返済に追われると、仕事が手につかなくなり、精神的にも追い詰められて、日常が全てダメになります。
日本は特にこういう状況を助けてくれる制度もないので、自転車操業になる前に弁護士などに相談して解決するべきです。
当時の消費者金融はとても借り入れが簡単だったのもこうなった理由と思いました。
ただ、自営業だと銀行は貸してくれず、こういった会社から借りるしかないのは日本の社会問題でもあると思います。
借金する前から、資金が無いので仕事が受けれないという事が多々ありました。
銀行が低利融資をしてくれていたら、こんな風にはならなかったと思います。
日本の社会システムに疑問を持ちました。
Copyright(c) カードローン滞納者に迫る危機. All Rights Reserved.